個人間売買サポートparet(パレット)

この度、大日不動産の新事業の一つとして、長野オフィスを拠点として「個人間売買サポート paret(パレット)」を立ち上げました! paretの意味は「person-to-person and relatives(個人間と親族)」に由来するものであり、個人間売買が皆様に身近なサービスであることを願って、paret(パレット)というサービスブランドと致しました。

提供エリアは、事業拠点がある長野県のみならず、新潟県、群馬県、埼玉県、山梨県と、甲信越~北関東とさせていただきました。日帰りで往復できる距離で、概ね片道300キロくらいのエリアを想定しています。

よく、「知り合いとか親族に不動産を売りたいが、不動産屋さんに入ってもらうと満額の仲介手数料を取られるので、無駄なお金を払いたくない。だったら自分達だけでやろう。」という話しを耳にします。確かに、すでに売買の当事者が決まっているので、満額を払うというのは、どうも腑に落ちないというのは、不動産業者である私自身も良く理解できます。

しかし、その仲介手数料を削減して個人間でエイヤっと取引を進めた場合、思わぬ物件の不具合でトラブルに遭遇したり、引渡しがズルズル延期してしまい、購入後の計画がうまく行かなかったりなど、素人同士の取引ゆえに、かえって高いツケを払う羽目になってしまった、ということが往々にしてあるのではないでしょうか?

大日不動産は、ここ数年「個人間売買のサポートをしてほしい」という依頼を多く頂くようになり、実際、大幅にお値引きした仲介手数料で丁寧にサポートを行ったことにより、「依頼して本当に良かった」という声を数多く頂くようになりました。

弊社は今後、個人間売買サポート事業を主力事業の一つ、または専門としていきたく、事業エリアも拡げて、皆様のためにさらにお役に立ちたいと思っております。

ご愛顧のほど、何卒宜しくお願い致します。

paret(パレット)担当 可児 猛